小児歯科

小児歯科について

乳歯は、永久歯に比べてとても軟らかく、そして小さい歯なので、虫歯に「かかりやすく」、しかもその「進行が速い」のが特徴です。
また、小児の治療は、年齢や虫歯の程度、性格などの違いによってそれぞれ変わってきます。
こうした小児に特有の治療背景を踏まえ、個々の年齢・成長などに合わせた虫歯治療を行っております。そのため、時には治療出来る年齢になるまで虫歯の進行を抑えながら待つこともあります。
さて、お子様の歯の生え変わりの時期には個人差が大きく、乳歯で3~6ヶ月くらい、永久歯では1~2年も異なってくることがあります。

乳歯の頃からしっかり行いたい歯科治療

乳歯は生え変わるのだからと言って、おろそかには出来ません。乳歯には「食物を噛む」「発音を助ける」「顔の形を整える」「永久歯が正しく生えるための道筋を整える」など、とても大切な役割を担っていますし、虫歯になってしまうと、その下にある永久歯にも影響が出かねません。
乳歯の頃からしっかり歯科治療を行うことで、永久歯に生え変わった際の歯並びや歯の噛み合わせを整え、将来、充実した食生活を送ることが出来るようになるのです。

小児の虫歯予防

小児の虫歯の特徴は、年齢によって虫歯の出来やすい場所に違いがあることです。
1~2歳にかけては上の前歯が、2~3歳は奥歯のかみ合わせの溝、4歳頃は一番奥とその手前の奥歯の接している部分、6歳前後では、生えたばかりの奥歯(第一大臼歯または6歳臼歯と言います)の溝のところが虫歯になりやすいです。
年齢に対応した虫歯になりやすい場所を知った上でケアをすることは、小児の虫歯予防の大切なポイントです。

3Mix法

3Mix法は主に虫歯の治療にあたり、自然治癒が期待できる象牙質(虫歯)を一部残し、3種類の抗生物質を混ぜた薬剤を患部に置いて浸透させ、病原菌を殺すことによって組織の修復・再生を促す方法です。自然治癒力を重視した治療法であり、従来の虫歯治療とは異なり、歯髄(神経)の除去(抜髄)を回避できる可能性の高いのが特徴です。3Mix法は、「できるだけ削らない、抜かない、神経を残すための治療」と言えるでしょう。

ヒールオゾン

ヒールオゾンとは、オゾン(酸素原子3個からなる気体で分子式はO3)の強い殺菌力(塩素の約7倍)を利用して虫歯菌を殺し、歯の再石灰化を促進して虫歯を治す方法です。従来の治療法とは異なり、虫歯を削ること無く、オゾンを患部に照射することによって虫歯菌を殺し、治癒に導きます。そのため神経に達した虫歯でも、神経を残して治療できる可能性があります。多くの場合、治療には痛みを伴わず、麻酔も不要です。

ムーシールドによる受け口の早期改善

ムーシールドは、乳歯列期に受け口(反対咬合)を改善する装置です。
乳歯列期に治療を行うことによって正常な顎骨の成長発育を促進し、永久歯の正しい生え変わりを期待します。
就寝時にこの装置を装着すると、舌や口腔周囲筋の状態が整えられ、反対咬合が改善します。
当院では、ムーシールドを使用した受け口の早期改善をお勧めしております。

  • モバイルサイト 携帯サイトへのアクセスはQRコードからが便利です
  • 患者の気持ち
ページの先頭へ